So-net無料ブログ作成
驚きの異文化体験日記 ブログトップ

アメリカの郵便配達事情 [驚きの異文化体験日記]

郵便物や配達物って、住人が不在でもポストに入ってあったり、今だと宅配ボックスにあったり、昔だと近所の人に預かってもらったりしてましたね(懐かしい)[わーい(嬉しい顔)]


もちろん、その他には不在票が入っていて、連絡すると、すぐに持って来てくれたりしますよね。



みなさん、この素晴らしいサービス、当たり前だと思っていませんか???



実は当たり前ではないのです[exclamation×2]




もちろん私も、日本にいるときは、このサービスが当たり前だと思っていました。




しかし、同じ先進国アメリカの(アナーバーの!?)宅配事情はこれです(笑)↓





IMG_2057.JPG





そう[exclamation]ドアの前に置き去り[ダッシュ(走り出すさま)]




えっ[むかっ(怒り)]って感じですよね[exclamation&question]




もう見慣れてしまいましたが、よくこれで盗難など問題にならないな、と思います[わーい(嬉しい顔)]



アメリカって盗難が多い勝手なイメージがあったので、最初にこの光景を発見したときは、真剣に嫌がらせかと思いました[パンチ]



でも、よく見ると他のドアの前にも、この置き去りBoxが.....[ひらめき]



幸い、今まで自分で注文したものが届かなかったなんて事はありませんが.....たぶん








しかも、このシステム、長期に旅行にでも行こうものなら、帰宅時にBoxが数箱置き去りって事もありました[バッド(下向き矢印)]


留守という事がもろバレっていう[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]




この置き去りシステムによって、盗難[ふくろ]にあったり、雨[雨]や雪[雪]で中身が損傷したりしたときの補償がどうなっているのかなど疑問は絶えませんが、アメリカ流のなんとなくゆる~い感じで、うまくいっているのでしょうか.....








もちろん、全ての宅配・郵便物がこうではありません[exclamation]


何の基準か分かりませんが、今までの経験からは下記のパターンがあるようです[exclamation×2]


①あるものは、在・不在を問わず、オフィスに運ばれる。


②あるものは、不在時にのみアメリカ郵便局で預かられている。


③あるものは、不在時にのみオフィスに預けられる。


④あるものは、不在時にのみドアの前に置き去り



しかし、未だに全く基準は不明です[exclamation]





日本がきっちりし過ぎているのか、盗難が多いのか.....こんがらがってきます。


いずれにしても、日本の郵便・配達サービスの質の高さはすごいという事を身をもって体感する出来事でした[わーい(嬉しい顔)]


これも、アメリカの(アナーバーの)驚き異文化[exclamation]


では[exclamation]

See You Next Soon[exclamation×2]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

アメリカの医療 [驚きの異文化体験日記]

12月も終わりですね~[exclamation×2]



もう、今年の仕事納めを迎えた人も多いかと思います[ぴかぴか(新しい)]




日本の病院でも、基本的には12月28日を最終日として、年末年始期間中は予定手術はありません(緊急症例は別ですが)。



こちらアメリカでも、クリスマスから、ホリデーに入り、基本的にはお休みムードで、大学も公式な休校日となっています[クリスマス]



しかし、アメリカ全体かどうかは分かりませんが、ミシガン大学の医療現場はそうではないらしいです[ダッシュ(走り出すさま)]



このホリデー期間中も、件数は、普段より確かに少ないらしいのですが、良性のしかも日帰り手術をやっているそうです[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]



驚きですよね~[exclamation×2]



アメリカ社会は休むときはしっかり休む[exclamation×2]が基本かと思ってました(笑)



分業社会のアメリカだから出来るのかは不明ですが、なんともアメリカーンなスタイルだと思いました。



これだけ、グローバル社会になっても、まだまだ医療に関しても日本とアメリカでスタイルも含めて違いがたくさんあるんですね~[ひらめき][ひらめき]



両国で保険制度などがそもそも異なるので難しいですが、仮にお互いの良い所だけを取り入れる事が出来たなら、患者さんにも医療者側にも、良い医療環境ができるのかなぁ~??
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

洗濯物、外に干すと怒られる!? [驚きの異文化体験日記]

洗濯物はどうやって乾かしていますか?

われわれ日本人がすぐ思い付くのは
①外で干す。
②部屋(室内)で干す。
③乾燥機で乾かす。
でしょう。
その中から、天候であったり、住宅環境であったり、お好みで洗濯方法を選択(笑)します。

でもやっぱし、天気の良い日は外に干しておくと、カラッと乾いて気持ち良いですよね!
洗濯物以外だと、お布団も天日干しすると、とっても気持ちいいし!
ベランダやお庭に洗濯物が干してある光景は日本では昔からよく目にしますし、違和感もありません。

しかし!ここアメリカはまたしても違います。

基本的にアメリカでは外干しはしません!
洗濯物は、乾燥機(Drier)と部屋干しです。

確かに、アメリカに引っ越してきて、洗濯物を外に干している光景は1度しか見たことがないです。
しかも、その1度は日本の御近所の国の人だったので、アメリカ人が外で洗濯物を干しているのは見たことがありません。

入居時に、外干しに関して大家さんに質問したことがありますが、回答は笑顔で「あなたの部屋にはちゃんと乾燥機あるから外干しの必要はないよ!」って。

いや、そうじゃないんですけど~.....う~ん。

当時の英語力も拍車をかけて、会話はここで終了(涙)。

また、そろそろ掛け布団を干したくなった時に、アメリカではみんな掛け布団は干さないの?と聞くと、笑顔で「う~ん、干さないわね!」ってきっぱり。

えっ、まじっすか??

とにかく、アメリカでは外に干さない事は十分に分かって終了(涙)。

そして次は、日本語も若干分かるアメリカ人に聞いて見たところ(結構しつこく聞きます(笑))、やはり基本的には外干しはしないそうです。
理由はずばり景観
景観といっても場合によっては、「外に洗濯物を干している=低所得」というイメージをもつ人がいるらしく、自分のアパートや自分の地域が、そういった低所得者の地域というイメージになってしまうことに真剣に激怒する人もいるそうで、近隣トラブルの原因になる事もあるそうです。

日本人にはちょっと理解し難い感覚ですね。

たかが洗濯物、されど洗濯物。
洗濯物ごときでもめ事は勘弁して欲しいですよね。

皆さんも、アメリカに住む時は洗濯物にも注意しましょう!

ちなみに、ここアナーバー、特に冬期は、めちゃくちゃ乾燥してます。
なので、部屋干しでも乾くのにすごく時間かかったり、変な臭いがしたりなどのトラブルは今のところありません。確かに、「衣類を乾かす」だけなら乾燥機と部屋干しで十分可能な訳です。

でも普段の洗濯物は良いとして、掛け布団とかは、アメリカ人はいったいどうしてるんだろう??
この疑問は未解決のままですが、我が家がとった対策は、

「布団乾燥機~!」←じゃじゃ~ん!

もちろんアメリカでは入手が面倒なので、日本から取り寄せて使用してます。
やっぱし、カラッと乾いたお布団は気持ち良いものです!

ではまた!
See you Next !!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

こんなに違うバレンタインデ-事情 [驚きの異文化体験日記]

2月14日はバレンタインデー(Valentine's Day)。

バレンタインデーといえば日本では女性が意中の男性に対してチョコレートなどのプレゼントを贈り、愛を告白する日ですよね。それに加えて、本命の人以外にもあげる、いわゆる義理チョコも用意する場合が多く、日本の女性の方々はとても忙しくなるこの時期。
私も、気付けばアメリカに来て初めてのバレンタインデー。
日本での感覚のまま、女性から男性へのイベントとして吞気にしていましたが、どうやら日本とアメリカではバレンタイン事情が大きく異なるようです(というよりか、どうやら日本の方が欧米諸国と比べて変わっているようですね)。

こちらアメリカのバレンタインデーは基本的には日本とは真逆です。
つまり、男性が意中の女性に対してチョコレートや素敵なディナー、花束、宝石などをプレゼントする日です。
カップルは夕食しながらバレンタインデーのメッセージカードと花束を添えてお祝いして、サプライズで宝石をプレゼントするみたいな何とも映画のようにロマンチックなバレンタインデーが定番のようです。
サプライズが苦手な私には想像もつかないですが、とてもロマンチックで素晴らしいですよね!

しかも、カップル以外の人達も男女関係なく、普段お世話になっている人への感謝の気持ちを伝える日として、親友やお世話になっている人にメッセージカードや花束などをあげる日となっています。
娘の通うプレスクールでも、バレンタインのメッセージカードを手作りしてみんなで交換したりしてバレンタインを体験していました。

なのでこの時期は、ショッピングモールはもちろん、スーパーまでもがバレンタイン色となり、ハート型のバルーンでいっぱいになります。

ということで、このアメリカでのバレンタインデーの常識を私が知ったのは数日前.....。
サプライズはなかなか出来ませんが、慌てて用意する事となったのでした(笑)。

しかし、どうして同じバレンタインデーが日本とアメリカでこんなにも違う風になったのやら、不思議なものですね。本当に驚きの異文化体験でした。

ちなみに、アメリカのバレンタインデーはこういった事情なので、バレンタインデーのお返しの日であるホワイトデーはアメリカには存在しません。日本では当然のイベントであるホワイトデーをアメリカ人に説明しても「???」となってしまいます。お気をつけて!

それでは素敵なバレンタインデーを!
Happy Valentine's Day!! :)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

第1弾 彼らは滅多に謝らない! [驚きの異文化体験日記]

アメリカに来た当初は日本との文化の違いに大変苦労しました。
毎日、驚きの連続。
まさに異文化コミュニケーション。

しかし、これも1年くらい経つと慣れてくるから不思議なものです。

ここでは、私が体験した驚きの異文化をお伝えします。
私が体験したことなので一般には違う事もあると思いますが、あくまで私目線の体験談として見て下さい。

第1弾は「彼らは滅多に謝らない!」
日本にいると「すみません」は何気なく言ってしまう言葉で、「ありがとう」と同様にコミュニケーションの潤滑油的な感覚で使用していると思います。
しかし、この感覚でいくとアメリカでは度肝を抜かれます。

ついつい日本人が言ってしまう「I'm sorry」は、事故などのアクシデントの時には言っちゃだめというのは聞いた事があると思います。これは、自分の非を認めた事になるからですが、まさに現地の人達、特に契約を担当する人達の「自分の非」の敷居が高すぎて、たとえ彼らにミスがあったとしても聞くことは稀です。
別に、謝って欲しいわけじゃないけど何だかなぁ.....という事が、この国では日常茶飯事です(笑)

例えば.....
①家具搬送の指定日に、自宅で待てど暮らせど配送されなかったので電話したところ.....
→ため息まじりに、「明日には配送出来ると思う。それでも来なかったらまた電話して」との対応。
え~配送料100ドル以上払って、半日つぶれてるのに~!と思っても英語で反論できず電話を切る自分.....。

②インターネットの設置工事日に自宅で待てど暮らせど業者さんが来ないので、翌日販売店に確認に行ったところ.....
→「ちっ」て言いながら確認作業すること1時間以上.....ひたすら待たされてからの一言、「俺は確かにオーダーしたけど、システム異常か何かでうまくいってなかったみたい」との対応。
極めつけは、再度新規に契約して工事業者さんとも直接日程を調整して確証をとった後の一言、笑顔で「おめでとう!これで完璧だぜ!」と握手を求めてくる始末.....あまりに陽気すぎて思わず握手してしまう自分.....。

③契約書の合計金額が違うので指摘したところ.....
→無言で修正して笑顔で何事もなかったですけど何か?的な態度で再提出という対応。
確認して良かった~と心の中でガッツポーズする自分.....。

その他にも、細々した事はた~~~くさんありますが、どれも自分にもっと英語力があれば違った結果になってたんだろうと思いつつ、どれも目的は達成できてるから、まっいっか!という気持ちで何とか大きなトラブルもなく今までやってこれてます(笑)

もちろん全く「I'm sorry」を言わない訳ではないです。
アパート側のミスで塗料の刺激臭がひどかった時はマネージャーが来て「I'm sorry」と言っていました。
その後、色々気を遣って話しかけてくれてたみたいですが、渡米後に恐らくはじめてアメリカ人から「I'm sorry」を聞いたので「アメリカ人も謝るんだぁ~」という事の方が私にとっては異臭騒ぎより大きく、考え込んでしまい、その後の会話はほとんど覚えていません(笑)。実際に謝られると驚いてしまいます!

ちなみに、ラボの人達や顔見知りの人達の間では、「sorry」はよくよく使われます。
なので、やはりアメリカでは責任問題になる関係の場合には極力「I'm sorry」は避ける傾向にあるのかもしれません。
われわれ日本人もアメリカでは気をつけないといけませんね!

では、また!
See you!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
驚きの異文化体験日記 ブログトップ
ここ、アナーバー!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。